宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

スライダー画像1 スライダー画像2 スライダー画像3

令和2年度宮城県6次産業化サポートセンターについて
◆支援の内容の主な変更点
<令和元年度まで>
 商品開発や販路開拓などの個別課題の解決支援を数多く実施
   ↓
<令和2年度から>
 付加価値額※を増加させ、経営改善を図るための支援を対象者を限定して実施
  ※ 付加価値額=経常利益+人件費+減価償却費

◆支援対象者の要件
 宮城県在住の農林漁業者又は農林漁業者等であって,次に掲げる全ての要件を満たす者とします。
 ①支援実施後5年間の経営改善目標を自ら掲げる者。ただし,募集段階では,定性的な目標でも可能とする。
 ②原則として,対象者は法人とする。ただし,付加価値額を算出することが可能な会計を実施している場合は,個人,任意組合についても対象とする。
 ③支援実施年度の翌年度以降5年間毎年,経営状況報告書(別記様式3)を作成し,センターに提出することに同意する者であること。
 ④財務諸表等の支援に必要な経営資料について提供が可能であること。

  
◆支援対象者の公募について
 本年度の支援対象者を選定するにあたって,支援希望者を公募いたします。
 応募後,選定審査を経て,対象者として決定いたします。
  募集期間  5月1日~22日
  募集者数  4者程度 

 詳しくはこちらから
 募集チラシ(PDF)
 公募要領(PDF)
 各種様式(Word)

◆支援に関するお問い合わせは、
 宮城県6次産業化サポートセンター
  022-796-1139
  info@miyagi-6jika.jp

 宮城県農政部農山漁村なりわい課6次産業化支援班
  022-211-2242

支援の流れ
総合化事業計画の取得

お知らせ一覧

お知らせ一覧を見る
宮城県6次産業化サポートセンター
ページトップ