宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

お知らせ

~宮城県6次産業化サポートセンターのお知らせや、宮城県からのお知らせ~

okinawa-silver-jinzai-活動報告トップに戻る

令和2年度宮城県食料産業・6次産業化交付金のうち「6次産業化の推進支援事業」の事業要望調査について

こんにちは。宮城県6次産業化サポートセンターの横山です。

本日は、令和2年度宮城県食料産業・6次産業化交付金のうち「6次産業化の推進支援事業」の事業要望調査についてお知らせいたします。


国の令和2年度予算の動向及び宮城県議会において成立した県予算の内容に応じて、事業内容・予算額等の変更及び事業の中止等があり得ることに御留意願います。既に令和2年度農林水産関係予算概算要求の内容が公開されておりますが、令和元年度の事業内容が継続することを前提として、今回公募を行うものです。

公募要領
令和2年度食料産業・6次産業化交付金のうち6次産業化の推進支援事業に係る公募要領 [PDF]

事業メニュー及び交付率等
詳細は公募要領をご確認ください。

<メニュー>
1 加工適性のある作物の導入
2 新商品開発・販路開拓の実施
3 直売所の売上げ向上に向けた多様な取組
4 施設給食における地場産農林水産物等の利用拡大
5 地場産農林水産物等を利用した介護食品の開発

<事業実施主体>
農林漁業者、商工業者の組織する団体、民間事業者、公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人、特定非営利活動法人、企業組合、事業協同組合、市町村、戦略策定市町村、6次産業化・地産地消推進協議会のうち市町村が組織するもの、当該協議会の構成員又は特認団体

<交付率>
事業費の1/3以内(ただし、市町村戦略(事業実施年度末までに市町村戦略を定めることが確実であるものを含む。)に基づいて行われる取組として当該市町村が認めるものにあっては,事業費の1/2以内)、ただし、4(4)に掲げる取組にあっては、1食当たり40円が事業費の上限

応募から交付決定までの流れ
令和2年度食料産業・6次産業化交付金(6次産業化の推進支援事業,6次産業化施設整備事業)に係る応募から交付決定までの流れ [PDF]

応募書類の様式
 別紙様式 [Word]
 食料産業・6次産業化交付金(6次産業化の推進支援事業)実施計画書(国実施要綱別紙様式第2号) [Excel]

提出期限
令和元年10月11日(金)午後5時

提出先及び問合せ先
宮城県農政部農山漁村なりわい課6次産業化支援班
〒980-8570
仙台市青葉区本町3丁目8番1号
TEL:022-211-2242
FAX:022-211-2416
E-mail:nariwai-6@pref.miyagi.lg.jp

<特設ページ>
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nariwai/r2suisin.html

ページトップ