宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

お知らせ

~宮城県6次産業化サポートセンターのお知らせや、宮城県からのお知らせ~

okinawa-silver-jinzai-活動報告トップに戻る

令和元年度6次産業化勉強会について

こんにちは。宮城県6次産業化サポートセンターの高橋です。

本日は、東北農政局主催の「令和元年度6次産業化勉強会」についてお知らせいたします。

6次産業化勉強会チラシ
参加申込書


1.概要
平成30年6月に食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、原則としてすべての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理の実施が求められることとなりました。また、平成27年4月から施行された食品表示法は、5年の経過措置を経て令和2年4月に、添加物・アレルギー表示、栄養強調表示に係るルール改善や栄養成分表示が義務化されます。
このため、農林漁業者等が行う6次産業化の取組みに対する支援の一環として、HACCPに沿った衛生管理及び食品表示の勉強会及び個別相談会を以下のとおり開催します。

2.開催日及び場所
日 時:令和元年7月18日(木曜日)
13時30分~17時00分(受付開始13時00分)
場 所:仙台合同庁舎B棟 2階共用第1会議室
所在地:宮城県仙台市青葉区本町三丁目3番1号

3.内容
(1)勉強会(13時30分~15時30分)
(ア)食品衛生法等の一部改正について
東北厚生局 健康福祉部 食品衛生課
(イ)HACCPに沿った衛生管理の導入事例について
東京サラヤ株式会社 サニテーション事業本部 東北支店
(ウ)食品の表示について
消費者庁 食品表示企画課
(エ)情報提供(東北農政局)

(2)個別相談会(15時30分~17時00分)
勉強会終了後、希望者を対象にHACCP導入に関する個別相談会を行います。
事前の申込が必要です。(多数の場合は、相談者数、時間を調整します)

4.参集範囲
六次産業化・地産地消法認定者、農商工等連携事業認定者、6次産業化を目指す農林漁業者、食品製造事業者、食品衛生管理や食品表示に関心のある方等(定員:70名)

5.参加申込
参加費は無料です。
参加を希望する方は、令和元年7月11日(木曜日)までにインターネット又は別添の「参加申込書」に必要事項を御記入の上、ファクシミリにてお申込みください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳正に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用します。

<インターネットによるお申込先>
申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/keiei/renkei/190625.html

<ファクシミリによるお申込先>
送信先:経営・事業支援部地域連携課
ファクシミリ番号:022-722-7378
定員に達し次第、締め切らせていただきます。なお、定員を超えるお申込みがあり、御参加いただけない方には御連絡します。

参加される方は、仙台合同庁舎B棟 正面玄関(1階)の令和元年度6次産業化勉強会専用受付にて入館証をお受け取りいただき、2階共用第1会議室にお入りください。

<お問合せ先>
東北農政局経営・事業支援部地域連携課
担当者:片山様、橋本様
代表:022-263-1111(内線4371、4379)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378

<特設ページ>
http://www.maff.go.jp/tohoku/press/keiei/renkei/190625.html

ページトップ