宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

お知らせ

~宮城県6次産業化サポートセンターのお知らせや、宮城県からのお知らせ~

okinawa-silver-jinzai-活動報告トップに戻る

農福連携推進ブロックセミナー<東北>について

こんにちは。宮城県6次産業化サポートセンターです。

本日は、東北農政局主催の「農福連携推進ブロックセミナー<東北>」についてお知らせいたします。

チラシはこちら


全国で広がりをみせる「農福連携」。その取組は単に障がい者が農業生産・加工に関わることのみならず、商工との連携、都市と農村の連携など、多様な繋がりを生み出し、地域活性化にその効果を発揮しています。
農福連携の農産・加工品が持つ「モノ」だけではない、このような様々な価値を「ノウフクJAS」認証で、企業や一般消費者に認識してもらいやすくなりました。農業や福祉の関係者のみならず、商工関係や教育関係など、地域活性化に取り組む多様な方々にも「農福連携」の価値を知っていただき、地域の方々が繋がる場として、農福連携推進ブロックセミナーを開催します。

<日時>
令和2年1月28日(火)
13:30~17:00(受付12:30)

<会場>
仙台合同庁舎A棟8階講堂
(宮城県仙台市青葉区本町3丁目3-1)

<プログラム>
○基調講演
濱田 健司氏(一般社団法人JA共済総合研究所)
○取組事例発表
・農事組合法人湯の郷(岩手県花巻市)
・有限会社かさい農産/一般社団法人やさいサラダ(岩手県一関市)
・株式会社斎藤果樹園(福島県福島市)
・福島県授産事業振興会(福島県福島市)
○ノウフクJASについて(一般社団法人 日本基金)
○施策紹介(東北厚生局、宮城県労働局、東北農政局)

<参加費>
無料

<申込方法>
参加申込書(チラシ2枚目)に必要事項をご記入のうえFAX又はE-mailにて下記のお申込先へお送りください。
申込締切:令和2年1月21日(火)

<お申込先>
東北農政局農村振興部農村計画課
ご担当:鈴屋様、田村様
FAX:022-216-4287
E-mail:noufuku_net@maff.go.jp
TEL:022-263-1111(内線4125、4065)
お電話での受付は月~金曜日(祝日を除く)の9:15~18:00です。

主催:東北農政局
共催:東北厚生局、宮城労働局

ページトップ