宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

6次産業化とは

農林漁業者の持つ地域資源(生産物、エネルギー資源等)を活用し、新たな価値を生み出すことで、結果的に農林漁業者の所得を向上させる取り組みです。

生産物の価値を向上させるために、生産(一次産業)だけではなく、加工(二次産業)、流通・販売(三次産業)にも取り組み、所得の向上を図ります。

また、生産者自らが二次・三次産業までを行うだけではなく、加工業者や流通業者と連携して商品化等に取り組む事例も増えています。その場合でも、一次産業者が責任と誇りをもって取り組むことが重要です。

6次産業化に取り組むことによって、一次産業者本人の所得向上につながるだけではなく、農林漁業の活性化にもつながります。

イメージ
ページトップ