宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

お知らせ

~宮城県6次産業化サポートセンターのお知らせや、宮城県からのお知らせ~

第4回商品開発&販路開拓個別相談会を開催しました。

こんにちは宮城県6次産業化サポートセンターです。 3月14日に商品開発&販路開拓個別相談会を開催いたしました!   4事業者と4名のプランナーによる個別の相談会ですが、今回は事業者さんの突然の キャンセルがあり、いつもと少し違う形で行いました。 ※相談会の様子   ※倉島プランナーと事業者さんの相談の様子 ※石井プラン
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

道の駅村田にて6次化研修会と個別相談会を行いました!

こんにちは、宮城県6次産業化サポートセンターです。 報告がおそくなりましたが道の駅村田にて6次産業化についての 研修会及び個別相談会を開催いたしました。 研修会では20名ほどの参加者の予定でしたが、増えるに増えて35名という盛況ぶりでした。   ※6次産業化研修会の様子 ※川島プランナーの説明している様子   ※早坂プ
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

「桃薫」と苺石鹸

事例5:「桃薫」と苺石鹸 相談者:いちご倶楽部株式会社(大崎市) 主な支援内容:事業計画作成 経験を生かして新しい農業を 洋服や化粧品の販売など、 農業とはまったくの異業種で長年 キャリアを築いてきた田内伸子さん。 21歳の時に結婚し、大崎から静岡へ。 40代で関西に移住し、 最後に勤めた化粧品販売会社では 理事、役員にも就任した。「50歳で 目標を失った」と
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

えごまハーブオイル

事例4 えごまハーブオイル 相談者:株式会社東北軽金属(白石市) 蔵王野菜工房ぺリラ事業部 主な支援内容:商品開発 ブームの中での差別化をねらい 専門家にアドバイスを アルミのリサイクルや販売を行う株式会社東北軽金属。 「最近物忘れがひどい」と気にかけていたという社長が、 テレビなどで評判のえごま油を買って試したところ、 たしかに調子がいいと実感。 以前から他分野
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

燦燦園のいち氷

事例3:いち氷 相談者:株式会社燦燦園 主な支援内容:プロモーション、資金調達 3代目としての挑戦を 祖父が農業をはじめ、 父の時代に故郷、山元町が いちごに特化した産地になった。 自分も小さいころからいちごが大好き。 それも、家のいちごが一番おいしいと思って 育ってきたと話す深沼陽一さん。 [caption id="attachment_553"
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

事例2:いちじく茶&セミドライ

事例2:いちじく茶&セミドライ 相談者:一般社団法人コミュニティスペースうみねこ 主な支援内容:ブランディング、加工方法、衛生管理指導、販路開拓 自立支援から始まった畑づくり もともとは石巻市内で、 保育士をしていた八木純子さん。 自身も被災者ながら、 震災1カ月後には 目の前の困っているお母さんたちを助けたいと、 子守り支援をスタート。 その後
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

事例1:ひっぽのへそ大根

事例1:ひっぽのへそ大根 相談者:ひっぽのへそ大根生産組合(筆甫地区振興連絡協議会) 主な支援内容:マーケティング、ブランディング、販路開拓 どこにどうやって売ればいいのか 福島との県境近くにある丸森町筆甫地区。 こちらの名産品「へそ大根」は、 自分たちで育てた青首大根を輪切りにして茹で、 朝の気温が氷点下になる冬に1カ月間、 天日干しするという
okinawa-silver-jinzai-もっと見る

最新の事例

月別のお知らせ

ページトップ