宮城県6次産業化サポートセンターでは、宮城県で6次産業化を推進する農林漁業者のサポートを行います。

>アクセスマップ

お知らせ

~宮城県6次産業化サポートセンターのお知らせや、宮城県からのお知らせ~

okinawa-silver-jinzai-活動報告トップに戻る

平成31年度6次産業化ステップアップ事業に係る支援対象候補者の公募について

こんにちは、宮城県6次産業化サポートセンターです。

本日は、平成31年度6次産業化ステップアップ事業に係る支援対象候補者の公募についてお知らせいたします。

 

 

事業概要
農林漁業者等が6次産業化に取り組むために必要な経営課題の整理、改善案の提示及びターゲットを明確にした商品づくり並びに資金対策(補助金、融資)支援など、有効かつ実行的な手段を取りまとめた事業戦略策定を、県が専門家で構成するチームに委託し、支援対象者に助言及び指導を行います。
図1
※クリックで画像拡大します

 

応募対象者
農林漁業者又は農林漁業者で組織する団体で次に掲げる全ての要件を満たす方
1.東日本大震災により農地、漁場、生産施設等に被害を受けていること又は東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う風評により売上高の減少被害を受けていること。
2.自らの生産に係る農林水産物の加工、消費者への直接販売、実需者との契約取引、輸出農林漁家民宿及び農林漁家レストラン等での提供等に主体的に進出し経営を多角化・高度化する取組を行っていること又は計画していること。
3.上記2に掲げる取組を的確に遂行する意欲や能力を有していること。

 

公募の期間
平成31年3月15日(金)から平成31年4月9日(火)まで

 

選定方法
(1)書類確認
提出された申請書類については、受付機関において記載内容及び必要書類について確認し、必要に応じて問い合わせをさせていただきます。

(2)審査委員会
支援対象者を決定するため、農林水産部農林水産政策室長が別に定めるところにより設置する審査委員会を開催します。開催に当たっては、申請者に対して事前に通知いたします。通知を受けた申請者には、指定された場所及び時間において、提出した申請内容の説明を行い、委員からの質疑を受けていただきます。
尚、審査委員会出席に伴う交通費は、申請者の負担とさせていただきます。

(3)支援対象予定者数
6者

(4)審査の基準
次に掲げる事項について総合的に判断し、決定します。
(4)
※クリックで画像拡大します

(5)審査結果
支援対象候補者の決定後、申請者全員に対して、速やかに決定又は不決定の結果を通知します。

 

申請書の提出期限、提出先及び問い合わせ先
<公募要領等>
平成31年度6次産業化ステップアップ事業に係る支援候補対象者公募要領[PDF]
申請書様式[Word]
公募チラシ[PDF]

<申請書の提出期限>
平成31年4月9日(火)午後5時まで

<申請書類の提出先>
農業者
農業者
※クリックで画像拡大します

林業者
林業者
※クリックで画像拡大します

漁業者
漁業者
※クリックで画像拡大

 

本事業の全般に係る問合せ先
宮城県農林水産部農林水産政策室
〒980-8570
仙台市青葉区本町三丁目8番1号 県庁行政庁舎10階
担当:6次産業化支援班
TEL:022-211-2242(ダイヤルイン)
FAX:022-211-2889
E-mail:nosuisei6@pref.miyagi.lg.jp

※平成31年4月1日より、農林水産部の組織再編により、部課名及びE-mailアドレスが変更になる予定です。(電話番号に変更はありません。)

<特設ページ>
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nosuisei/6jika-stepup.html

ページトップ